消毒の日常化で 夏でも手荒れ対策



緊急時代宣言が取り下げられた現在でも、新型コロナの心配は未だ尽きることはありません。


それどころか、急に動き出した世の中に、余計に感染拡大の心配がつのります。




宣言発令中は静まりかえっていた町中も、今では嘘のように賑わい、ガラガラだった道路も以前の渋滞が戻ってきています。



外出を自粛していた人々が、冬眠から覚めたように一気に活動を再開し、あたかも新型コロナが終息を迎えたかのような錯覚を起こしてしまいそうな情景が、あちらこちらで見られます。



スーパーに買い物に行っても、近所をウォーキングしていても、マスクを付けていない人を見かけることが増えてきました。





必要なものを買い出しに行ったり、学校に分散登校するのは必要なことですが、少し、世の中で新型コロナへの構えが緩みかけているような不安を感じます。





変わらないのは、お店の入り口に置かれた消毒液の前に並び、手に振りかけて入出する人が、大多数いること。



気をつけよう、自分と周りの人を感染から守ろう、と心がけている人のほうが多そうではありますが、新型コロナに対する考え方には、温度差もかなりあるようです。



怖れてばかりいてはいけない、コロナと共存していくために、以前のような日常に早く戻ろう!

そう考える人も多いことでしょう。


それも正解かもしれません。



ただ、感染すると死に至る危険性の高い人たちもいる、ということを、忘れてはいけないと思うのです。



そう考えると、やはり、できるだけ感染を防ぐ行動を心がけたいところです。



手に消毒液を振りかけることで、夏でも手荒れが気になる年になりそうですが、消毒液とハンドクリームをセットで携帯し、こまめにケアをして乗り切りたいですね。


IMG_7325.jpg


ロクシタンのハンドクリームは、シアバターがベースで付け心地はしっとりしながらもべたつかず、香りが最高に良くて、使うたびに癒やされます。


消毒液で手肌が乾燥し、かさつきが気になる方は、こまめなハンドケアで潤いを足してください。


スーパーの入り口に置いてある消毒液は、以前はアルコールの類いが多かったのですが、最近は次亜塩素酸水を薄めたものが主流になってきているようです。


アルコールよりも入手しやすく、かなり薄めて使うので、たくさん必要になる店舗などでは使い勝手がよいからでしょう。


でも、肌にとってはやはり微量とは言え刺激があり、あまり好ましくない成分です。


消毒は必要なので、必要悪かもしれませんが、帰宅したらできるだけ水道水でよく手を洗い、保湿も忘れないようにケアして、肌のバリアを失わないように気をつけましょう。









スポンサーサイト



ぬか漬けが続かない3つの理由と その対策




食事が和食であってもなくても、常に食卓にあると嬉しいお漬物。



漬物の代表と言えば、やはりシンプルにぬか漬けでしょうか。

美味しいですよね!



しっかり漬けてご飯のおともとするのも最高ですが、浅漬けにしてたくさんの野菜をサラダ感覚で食べるのも、洋風のサラダとはまた違った感覚でいいものです。


ぬか漬けはわが家も大好きなので、いろんな野菜をとっかえひっかえ漬けながらしばらくは楽しむのですが、残念ながら長くは続かずに途絶えてしまうことが多くて…

継ぎ足しながら長く使うぬか床にいつも憧れを抱いています。



こんなに美味しくてみんな大好きなのに、なぜ続かないのか。
その理由を考えてみました。




ぬか漬けが続かない3つの理由 ~ 私の場合 ~

① ぬか床を冷蔵庫で保管するため、手で混ぜるのが冷た過ぎて辛い

② 漬ける野菜を常に用意しなければならない

③ 漬けやすい同じような野菜ばかりだと家族が飽きてくる




主に、この3つが原因と思い当たりました。



① ぬか床を冷蔵庫で保管するため、手で混ぜるのが冷た過ぎて辛い

ぬか漬けは美味しいのですが、独特の匂いがありますね。

漬物になった野菜を食卓に出してしまえばそんなに匂いも気になりませんが、ぬか床の状態だと、いくらきちんと蓋をしていても匂いを防ぐのは難しいです。


特に夏場は発酵が進むため、匂いも強くなります。

そうなると小バエが寄ってきたり、害虫をおびき寄せる原因になりそうでかなり気になります。
それで、ぬか床を冷蔵庫で保管しているご家庭は多いと思います。

わが家ももちろん、冷蔵庫保管派です。


漬かるまでの時間が少々長くかかっても、匂いや害虫に悩まされるよりはずっといいですから。


冷蔵庫保管のデメリットといえば、ぬか床が冷たくて混ぜるのが苦痛なこと。


夏場は「ヒンヤリ気持ちいい~」と思えますが、冬になってくると、それはもう辛いです。
苦行です。


でも、漬けた野菜を食べるには、ぬかから出さなければなりません。

そして、新たに漬ける野菜を入れる前に、ぬか床を混ぜることになります。


それが冷た過ぎて苦痛になる冬になると…

徐々に漬ける回数が減っていき…

ぬか床の様子も変わっていき…


やめてしまうパターンに。。。



そこで、その解決策として考えたのは

解決策①

お箸やスプーンで混ぜる!


とてもシンプルですが、今まで試していませんでした。

『ぬか床は手で混ぜるもの』という固定観念があったのですね。

道具で混ぜることを、思いつきもしませんでした。

もちろん、手で直接混ぜるのが一番よいのでしょうが、それが辛くて続かないのなら、道具を使って続ける方がいいかなと思いませんか。




② 漬ける野菜を常に用意しなければならない

漬ける野菜を常に用意するのも、まとめ買い派のわが家の場合は意外に大変です。

きゅうりや茄子、にんじん、大根などの定番野菜はたいてい購入しているのですが、小さいぬか床に漬けられる量は限られています。

そうなると、次に漬ける分、次の次に漬ける分、と、冷蔵庫に保管しておかなければいけません。

新鮮な野菜を敢えて数日おいておくうちに、徐々にしなびていくのがもったいない気がして、ついつい食べてしまいたくなるのです。


そこで…

解決策②

野菜を新鮮なうちに冷凍して、それをぬか漬けにする!

これも、今までは思いつかなかったことです。
生の野菜を漬けるもの、と思い込んでいましたから。

でも、最近はほとんどの野菜が冷凍できることを知り、まとめ買い派のわが家では取り入れたい技の一つでした。

そこで、「冷凍した野菜を解凍せずにそのままぬか床に入れたらいいのでは!」

と思いついたわけです。



③ 漬けやすい同じような野菜ばかりだと家族が飽きてくる

いくらぬか漬けが美味しいと言っても、毎日同じような野菜ばかりではさすがに飽きられてしまいます。

定番野菜以外のものをときには登場させ、常にぬか漬けを楽しめる工夫をしたいところ。


そこで

解決策③

余り野菜をとにかく、とにかく漬けてみる!

冷凍しておいた端っこ野菜を漬けるのはもちろんのこと。

使い損ねた根菜を、レンジでチンして冷ましたもの。

むいたゆで卵。

干したきのこ類。


定番野菜の合間にいろいろ変わりダネを挑戦してみると、食卓の話題になったり、新しい発見があったりして楽しめるのではないでしょうか。

最悪、どうしても美味しくないようなら、だし醤油やマヨネーズで和えたり炒めたりなどして生まれ変わらせればいいのです。



ぬか漬けが続かない3つの理由と その対策 まとめ


① ぬか床を冷蔵庫で保管するため、手で混ぜるのが冷た過ぎて辛い

  解決策 … お箸やスプーンで混ぜる!


② 漬ける野菜を常に用意しなければならない

  解決策 … 野菜を新鮮なうちに冷凍して、それをぬか漬けにする!


③ 漬けやすい同じような野菜ばかりだと家族が飽きてくる

  → 解決策 … 余り野菜をとにかく、とにかく漬けてみる!




以上、今回はぬか漬けを続けるための対策について考えてみました。


美味しくて健康効果も高いぬか漬けを長く楽しめるように、『わが家のぬか床』を大切に育てていきたいものですね。


自家製の発芽玄米で 小豆ごはん♪美味しすぎて体にいい理由

IMG_7405_convert_20200606233714.jpg


最近、体にいいと話題の発芽玄米。

お店でもよく見かけるようになりました。


玄米を発芽させることにより、さらにパワーアップした食材になるそうです。



発芽玄米はお店で買わなくても、玄米から簡単に作ることができます。


作り方はとても簡単。

玄米を軽く洗い、容器に入れて1~2日ほど浸水させるだけ。



これだけで、簡単に発芽します。

ほんと、拍子抜けするぐらいですね。



こんなに手軽に作ることのできる発芽玄米ですが、玄米よりもよいと言われるのには、主に4つの理由があります。



玄米よりも発芽玄米を食べるべき 4つの理由とは


① 玄米のもつ毒性が無毒化される

② 栄養価が上がる

③ 白米と同じように炊ける

④ 柔らかくなり、食べやすくて美味しい



この4つについて、順番にみていきましょう。


 



① 玄米のもつ毒性が無毒化される



 玄米には「毒」があると言われています。 その毒とは、そもそも「種」である玄米が、発芽して子孫を残すために、食べられにくくするように備わった成分といえます。


しかしその毒は、発芽させることによって無毒化することもわかっています。


それが、玄米のままで食べるより発芽玄米にして食べる方が体にいいと言われる大きな理由の一つです。





② 栄養価が上がる


さらに、発芽させることで、玄米の持つ栄養素であるGABA、オリザノール、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルがさらに増えることがわかっています。


特に、ポリフェノールの一種であるオリザノールとともにストレスを解消したり精神を安定させる働きのあるGABAについては、玄米の3倍、白米の10倍にも増えるといわれています。


週に何度か発芽玄米のご飯を取り入れるだけで、ストレスを減らして栄養を補う食事にすることができそうです。




③ 白米と同じように炊ける


発芽玄米は水分を多く含み、ふっくらと柔らかくなるため、白米と同じように炊くことができます。


炊飯器の玄米コースを使わなくても、お鍋でも圧力鍋でも、普通の白米の感覚で炊けるのです。




これで一気にハードルが下がります。





初めて発芽玄米を食べる場合は、白米と発芽玄米を2:1の割合で混ぜ、通常より少し水を多めにして炊くと食べやすいようです。





④ 柔らかくなり、食べやすくて美味しい


なにより、発芽玄米は玄米に比べてふっくらとして食べやすく、とても美味しいのです。

柔らかくなるので栄養の吸収もよくなり、甘みも感じやすくなります。



特におすすめの食べ方は、白米と混ぜて、小豆と少量の塩を入れて炊くことです。

お赤飯のように優しく、独特の食感と甘みが、くせになる美味しさです。



それでは、続いて発芽玄米の美味しい食べ方をご紹介します。 





自家製発芽玄米の 小豆ごはんの作り方



材料

発芽玄米  … 1合

白米    … 2合

小豆    … 半カップ

塩     … 小さじ1杯

水     … 4カップ



圧力鍋で炊く場合は、材料を全て鍋に入れ、圧力がかかってから10分弱火で炊き、そのあと圧力が下がるまで放置します。

圧力が下がったら、蓋を開けてしゃもじでまぜてください。


普通のお鍋や炊飯器で炊く場合には、小豆を下茹でしておいたほうがいいでしょう。

その場合は、炊飯の際、水の量を3カップ半にしてください。


小豆の下茹でをしないで炊飯する場合、お鍋で20分炊くと、小豆が固めですが、美味しく食べられるぐらいに炊くことができます。




是非、ご自宅で作った発芽玄米のご飯をお試しください。



 

洋書のたのしみ


 






『ハリーポッターと賢者の石』を初めて読んだのは、もう約20年も前のことです。



まだ世の中でハリーポッターブームは起きていないころでした。




幼かった長男を連れて行った図書館で、イチオシとして紹介されていたハードカバーの重い本を手に取り、興味をひかれて借りてみたのでした。




たまたま、図書館に行った日より少し前に、テレビの短い番組で簡単に紹介されていたのを目にして記憶の片隅に残っていたこともあり、「イギリスの童話かぁ…」と思いながら借りたことを覚えています。



実は借りてしばらくは、読まずに置いていました。



なんとなく借りたものの、童話ということもあり、育児に忙しい時間を割いて積極的に読もうという心境にはなれなかったのでした。


放置しすぎて期限がきて、貸出の延長をしてもらい、またいよいよ返却期限が迫ってきたころ、「よし。ざっと読むか!」ぐらいの軽い気持ちで、「流し読みでいいかな~」というような感覚で読み始めました。


ところが、読み進んでハリーが魔法学校に入ったころから、もう読むのを止められないぐらいに夢中になってしまいました。



ハリーや仲間たちが魔法学校で繰り広げる様々な冒険やあまりに非日常的な生活の描写は、頭の中に鮮明なイメージとしてありありと映し出され、その表現力、言葉の魅力というものに、鳥肌が立つほどの感動を覚えました。


寝る間を惜しんで読み終えた途端、「第2巻がほしい~!」と、いてもたってもいられなくなるほど。




当然、図書館に返却したものと同じ本を即座に購入して、以来、発売されるたびに続きのシリーズを買いそろえていきました。


何年か経つと日本でもハリーポッターブームが訪れ、旋風をまきおこすことになりました。




私も何人のお友達に本を貸し出したことか~!




そして、ついには原書で読みたいと考えるようになり…



英語版も購入 ↓

IMG_7394_convert_20200605141401.jpg






そのあとで購入したのが、このフランス語版でした ↓

IMG-7389_convert_20200605121533.jpg


 

Amazon『Kindle Unlimited』で、今なら無料で読めるみたい。




知らない単語は飛ばしても、じゃんじゃん読み進めるのが外国語の学習法だとの認識で…


話は覚えてるからスイスイ読めるだろうと思いきや…




やはり日本語のようにはいかないものです。


途中でギブ。



そして、突然思い出し。

また改めて読み始めようかと引っ張り出してきました。







それから、その次に読みたいのは…


クリスマスキャロル ↓

IMG-7386_convert_20200605121634.jpg

これは日本語だけど…





シャーロットの贈り物 ↓

  


 

読みたいものがいっぱい。。。



まさに流し読みしないと、終わりそうにありません。。。



アゲハになる日を楽しみに 観察中





庭のウッドデッキに置いていた山椒の鉢。



アゲハが飛んできてるなぁと思っていたら。



卵を産み付けていたようでした。



気付いたときには、4匹の幼虫が…!





アゲハの幼虫は、卵からかえって1~5齢幼虫のときは黒くて鳥の糞のような姿をしていますが、だんだん育って終齢幼虫になると、いわゆる青虫の姿になります。



子どもたちが小学生の頃は、庭のレモンの木についた幼虫を飼育ケースに入れて飼育し、さなぎからアゲハへと羽化するところも観察して外に放したりしました。



今となっては懐かしい思い出です。





今年、幼虫が付いている山椒は鉢植えなので小さく葉も少ないですが、筍の時期は終わったので、葉を食べ尽くされてももういいか、とあきらめてアゲハになるのを見守ることにしました。



4匹の青虫のお腹を満たすのに足りるかどうか心配ですが。




もう飼育ケースには入れず、自然のままで育てるつもり。


なので、無事に育っているのか気になり、何度も何度ものぞいては様子を確認してしまいます。




4匹全て、無事にさなぎになれるのか…


全て蝶になれるのか…





昨日、TOKIOの番組で、新宿のビルの屋上庭園で青虫を見守るコーナーがあり、とてもタイムリーな話題でした。









もっと暑くなってきたら、今度は蝉が泣き出すんだろうなぁ。



今年も抜け殻を見つけるのが楽しみです。