おうち時間

洋書のたのしみ


 






『ハリーポッターと賢者の石』を初めて読んだのは、もう約20年も前のことです。



まだ世の中でハリーポッターブームは起きていないころでした。




幼かった長男を連れて行った図書館で、イチオシとして紹介されていたハードカバーの重い本を手に取り、興味をひかれて借りてみたのでした。




たまたま、図書館に行った日より少し前に、テレビの短い番組で簡単に紹介されていたのを目にして記憶の片隅に残っていたこともあり、「イギリスの童話かぁ…」と思いながら借りたことを覚えています。



実は借りてしばらくは、読まずに置いていました。



なんとなく借りたものの、童話ということもあり、育児に忙しい時間を割いて積極的に読もうという心境にはなれなかったのでした。


放置しすぎて期限がきて、貸出の延長をしてもらい、またいよいよ返却期限が迫ってきたころ、「よし。ざっと読むか!」ぐらいの軽い気持ちで、「流し読みでいいかな~」というような感覚で読み始めました。


ところが、読み進んでハリーが魔法学校に入ったころから、もう読むのを止められないぐらいに夢中になってしまいました。



ハリーや仲間たちが魔法学校で繰り広げる様々な冒険やあまりに非日常的な生活の描写は、頭の中に鮮明なイメージとしてありありと映し出され、その表現力、言葉の魅力というものに、鳥肌が立つほどの感動を覚えました。


寝る間を惜しんで読み終えた途端、「第2巻がほしい~!」と、いてもたってもいられなくなるほど。




当然、図書館に返却したものと同じ本を即座に購入して、以来、発売されるたびに続きのシリーズを買いそろえていきました。


何年か経つと日本でもハリーポッターブームが訪れ、旋風をまきおこすことになりました。




私も何人のお友達に本を貸し出したことか~!




そして、ついには原書で読みたいと考えるようになり…



英語版も購入 ↓

IMG_7394_convert_20200605141401.jpg






そのあとで購入したのが、このフランス語版でした ↓

IMG-7389_convert_20200605121533.jpg


 

Amazon『Kindle Unlimited』で、今なら無料で読めるみたい。




知らない単語は飛ばしても、じゃんじゃん読み進めるのが外国語の学習法だとの認識で…


話は覚えてるからスイスイ読めるだろうと思いきや…




やはり日本語のようにはいかないものです。


途中でギブ。



そして、突然思い出し。

また改めて読み始めようかと引っ張り出してきました。







それから、その次に読みたいのは…


クリスマスキャロル ↓

IMG-7386_convert_20200605121634.jpg

これは日本語だけど…





シャーロットの贈り物 ↓

  


 

読みたいものがいっぱい。。。



まさに流し読みしないと、終わりそうにありません。。。



スポンサーサイト



アゲハになる日を楽しみに 観察中





庭のウッドデッキに置いていた山椒の鉢。



アゲハが飛んできてるなぁと思っていたら。



卵を産み付けていたようでした。



気付いたときには、4匹の幼虫が…!





アゲハの幼虫は、卵からかえって1~5齢幼虫のときは黒くて鳥の糞のような姿をしていますが、だんだん育って終齢幼虫になると、いわゆる青虫の姿になります。



子どもたちが小学生の頃は、庭のレモンの木についた幼虫を飼育ケースに入れて飼育し、さなぎからアゲハへと羽化するところも観察して外に放したりしました。



今となっては懐かしい思い出です。





今年、幼虫が付いている山椒は鉢植えなので小さく葉も少ないですが、筍の時期は終わったので、葉を食べ尽くされてももういいか、とあきらめてアゲハになるのを見守ることにしました。



4匹の青虫のお腹を満たすのに足りるかどうか心配ですが。




もう飼育ケースには入れず、自然のままで育てるつもり。


なので、無事に育っているのか気になり、何度も何度ものぞいては様子を確認してしまいます。




4匹全て、無事にさなぎになれるのか…


全て蝶になれるのか…





昨日、TOKIOの番組で、新宿のビルの屋上庭園で青虫を見守るコーナーがあり、とてもタイムリーな話題でした。









もっと暑くなってきたら、今度は蝉が泣き出すんだろうなぁ。



今年も抜け殻を見つけるのが楽しみです。





Amazonで 本を読み放題 いいわぁ

ここのとこ、Amazon の本読み放題を利用して、じゃんじゃん本を読んでいます。



Kindle unlimited というサービスですが、定額料金で読み放題、とてもいいです。 






時期により、読み放題になる本が変わるようですが、話題の本、新しい本もわりと読み放題の対象になっていて、じゃんじゃん読んでいけます。



最近ハマっているのは、やっぱり断捨離の本。



検索するとたくさんあるので、片っ端から読んでモチベーションを高めています。





断捨離といっても、捨てることに重きを置いている本と、片付けに重きを置いている本、心の問題に重きを置いている本など、いろんな切り口から良さげな方法を提案しているので、たくさん読むほど自分に合ったやり方が見つかりそうに思います。





まずは、どんな形に完成させたいのか、イメージをしっかり作り上げてから始めるのが成功のポイントみたい。





コロナ疲れが溜まりがちですが、断捨離本を読むだけでも、気分がリフレッシュしてスッキリします。




でも、読むだけでなく、そろそろ行動にうつしていこうかな。





本気で断捨離しようと思う

この春、次男の大学受験が終わったので、ほっとして少しずつ家の中の整理を始めています。



一番変わったのは、なんと長男の部屋。



何があったの?というぐらい、長男が断捨離して自分の部屋をスッキリと変えてしまいました。




素晴らしい~

やればできるやん!




きれいになると、なぜか部屋が明るく感じるし、いい気が流れてるように思います。




そんな長男に触発されて、私も本気で家中を断捨離したくなりました。




全捨て、とはなかなか難しいですが、もう少しモノを厳選して減らし、どこに何があるのかを全て把握できている状態にする…というところまでいけたらいいなぁと。


今は、しまい込んで忘れてしまってるモノもいっぱいあるからね。





まずは、不要なモノを捨てなければ。



というわけで、景気づけに、『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本をまた読み返すことにしました。







なんと。改訂版が出てるみたい ↓

新 ガラクタ捨てれば自分が見える

カレン・キングストン/田村 明子 小学館 2013年10月08日
売り上げランキング :
by ヨメレバ





片付けが進まないとき、この本を読んだらメラメラとやる気が出てきます。


そんな気持ちにさせてくれる本です。






最近は新型コロナの自粛疲れもあって何かとストレスが溜まりがちで、色々とやりたいことがいっぱいあるはずなのに、なぜかスムーズに進みません。



まずは断捨離して身の周りの環境をきれいに整えたら、きっと何かが動き出すと思うのです。





ここいらで、本気で断捨離に向き合ってみようと思います。



頑張るぞ~


初めて♪ ZOOM で女子会してみた

今日は、始めて ZOOM を使った女子会に参加しました。


仕事で ZOOM 会議をしているというお友達がやり方を教えてくれて、わからないなりに、なんとか参加することができました!


みんなの顔が画面に並んで、ほんとに一緒におしゃべりしている感じがあり、最初は緊張したけど、だんだん慣れると楽しくなりました♪



子どもたちが毎晩のように ZOOM で楽しそうにしてるの、わかるわぁ。


声だけよりも楽しめる!







新型コロナの影響で子どもたちは学校にも通えず、外出も、人に会うこともままならず、日常が一変して不自由、不便な生活を余儀なくされているけれど。



ここへきて、好むと好まざるに関わらず、一気に押し寄せるIT化の波…




まだ幼い子どもたちにスマホを持たせることの危険性や、メディリテラシー教育など、どちらかというと日本は慎重に進めてきたことを急展開させるのは難しい判断を伴うし、混乱をきたすのは当たり前のことでしょう。



手探りの改革なんだろうなぁ。





メリットだけならいざ知らず、デメリットも考えつくだけでもたくさんありそうだし、まさに世界的に未曾有の事態であるのだから、動き始めてから浮き彫りになる問題もたくさんあるのだろう。




それでも、状況をよりよい方向へ持って行くためには、挑むべき改革。




子どもたちには、デジタル機器を上手に使いこなせるようになってもらいたい。




翻弄されるのではなく、主体的に手段の一つとしてIT機器を操り、自分の置かれた環境を豊かなものとできるように。




これからの時代を生きていくには、不可欠な力になるだろうなぁ。




めまぐるしく変化する時代に乗り遅れないように、柔軟に、上手に波に乗らないとね。





変化を怖れず、楽しめるようにも、ね。