おうちごはん

ぬか漬けが続かない3つの理由と その対策




食事が和食であってもなくても、常に食卓にあると嬉しいお漬物。



漬物の代表と言えば、やはりシンプルにぬか漬けでしょうか。

美味しいですよね!



しっかり漬けてご飯のおともとするのも最高ですが、浅漬けにしてたくさんの野菜をサラダ感覚で食べるのも、洋風のサラダとはまた違った感覚でいいものです。


ぬか漬けはわが家も大好きなので、いろんな野菜をとっかえひっかえ漬けながらしばらくは楽しむのですが、残念ながら長くは続かずに途絶えてしまうことが多くて…

継ぎ足しながら長く使うぬか床にいつも憧れを抱いています。



こんなに美味しくてみんな大好きなのに、なぜ続かないのか。
その理由を考えてみました。




ぬか漬けが続かない3つの理由 ~ 私の場合 ~

① ぬか床を冷蔵庫で保管するため、手で混ぜるのが冷た過ぎて辛い

② 漬ける野菜を常に用意しなければならない

③ 漬けやすい同じような野菜ばかりだと家族が飽きてくる




主に、この3つが原因と思い当たりました。



① ぬか床を冷蔵庫で保管するため、手で混ぜるのが冷た過ぎて辛い

ぬか漬けは美味しいのですが、独特の匂いがありますね。

漬物になった野菜を食卓に出してしまえばそんなに匂いも気になりませんが、ぬか床の状態だと、いくらきちんと蓋をしていても匂いを防ぐのは難しいです。


特に夏場は発酵が進むため、匂いも強くなります。

そうなると小バエが寄ってきたり、害虫をおびき寄せる原因になりそうでかなり気になります。
それで、ぬか床を冷蔵庫で保管しているご家庭は多いと思います。

わが家ももちろん、冷蔵庫保管派です。


漬かるまでの時間が少々長くかかっても、匂いや害虫に悩まされるよりはずっといいですから。


冷蔵庫保管のデメリットといえば、ぬか床が冷たくて混ぜるのが苦痛なこと。


夏場は「ヒンヤリ気持ちいい~」と思えますが、冬になってくると、それはもう辛いです。
苦行です。


でも、漬けた野菜を食べるには、ぬかから出さなければなりません。

そして、新たに漬ける野菜を入れる前に、ぬか床を混ぜることになります。


それが冷た過ぎて苦痛になる冬になると…

徐々に漬ける回数が減っていき…

ぬか床の様子も変わっていき…


やめてしまうパターンに。。。



そこで、その解決策として考えたのは

解決策①

お箸やスプーンで混ぜる!


とてもシンプルですが、今まで試していませんでした。

『ぬか床は手で混ぜるもの』という固定観念があったのですね。

道具で混ぜることを、思いつきもしませんでした。

もちろん、手で直接混ぜるのが一番よいのでしょうが、それが辛くて続かないのなら、道具を使って続ける方がいいかなと思いませんか。




② 漬ける野菜を常に用意しなければならない

漬ける野菜を常に用意するのも、まとめ買い派のわが家の場合は意外に大変です。

きゅうりや茄子、にんじん、大根などの定番野菜はたいてい購入しているのですが、小さいぬか床に漬けられる量は限られています。

そうなると、次に漬ける分、次の次に漬ける分、と、冷蔵庫に保管しておかなければいけません。

新鮮な野菜を敢えて数日おいておくうちに、徐々にしなびていくのがもったいない気がして、ついつい食べてしまいたくなるのです。


そこで…

解決策②

野菜を新鮮なうちに冷凍して、それをぬか漬けにする!

これも、今までは思いつかなかったことです。
生の野菜を漬けるもの、と思い込んでいましたから。

でも、最近はほとんどの野菜が冷凍できることを知り、まとめ買い派のわが家では取り入れたい技の一つでした。

そこで、「冷凍した野菜を解凍せずにそのままぬか床に入れたらいいのでは!」

と思いついたわけです。



③ 漬けやすい同じような野菜ばかりだと家族が飽きてくる

いくらぬか漬けが美味しいと言っても、毎日同じような野菜ばかりではさすがに飽きられてしまいます。

定番野菜以外のものをときには登場させ、常にぬか漬けを楽しめる工夫をしたいところ。


そこで

解決策③

余り野菜をとにかく、とにかく漬けてみる!

冷凍しておいた端っこ野菜を漬けるのはもちろんのこと。

使い損ねた根菜を、レンジでチンして冷ましたもの。

むいたゆで卵。

干したきのこ類。


定番野菜の合間にいろいろ変わりダネを挑戦してみると、食卓の話題になったり、新しい発見があったりして楽しめるのではないでしょうか。

最悪、どうしても美味しくないようなら、だし醤油やマヨネーズで和えたり炒めたりなどして生まれ変わらせればいいのです。



ぬか漬けが続かない3つの理由と その対策 まとめ


① ぬか床を冷蔵庫で保管するため、手で混ぜるのが冷た過ぎて辛い

  解決策 … お箸やスプーンで混ぜる!


② 漬ける野菜を常に用意しなければならない

  解決策 … 野菜を新鮮なうちに冷凍して、それをぬか漬けにする!


③ 漬けやすい同じような野菜ばかりだと家族が飽きてくる

  → 解決策 … 余り野菜をとにかく、とにかく漬けてみる!




以上、今回はぬか漬けを続けるための対策について考えてみました。


美味しくて健康効果も高いぬか漬けを長く楽しめるように、『わが家のぬか床』を大切に育てていきたいものですね。


スポンサーサイト



自家製の発芽玄米で 小豆ごはん♪美味しすぎて体にいい理由

IMG_7405_convert_20200606233714.jpg


最近、体にいいと話題の発芽玄米。

お店でもよく見かけるようになりました。


玄米を発芽させることにより、さらにパワーアップした食材になるそうです。



発芽玄米はお店で買わなくても、玄米から簡単に作ることができます。


作り方はとても簡単。

玄米を軽く洗い、容器に入れて1~2日ほど浸水させるだけ。



これだけで、簡単に発芽します。

ほんと、拍子抜けするぐらいですね。



こんなに手軽に作ることのできる発芽玄米ですが、玄米よりもよいと言われるのには、主に4つの理由があります。



玄米よりも発芽玄米を食べるべき 4つの理由とは


① 玄米のもつ毒性が無毒化される

② 栄養価が上がる

③ 白米と同じように炊ける

④ 柔らかくなり、食べやすくて美味しい



この4つについて、順番にみていきましょう。


 



① 玄米のもつ毒性が無毒化される



 玄米には「毒」があると言われています。 その毒とは、そもそも「種」である玄米が、発芽して子孫を残すために、食べられにくくするように備わった成分といえます。


しかしその毒は、発芽させることによって無毒化することもわかっています。


それが、玄米のままで食べるより発芽玄米にして食べる方が体にいいと言われる大きな理由の一つです。





② 栄養価が上がる


さらに、発芽させることで、玄米の持つ栄養素であるGABA、オリザノール、カルシウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルがさらに増えることがわかっています。


特に、ポリフェノールの一種であるオリザノールとともにストレスを解消したり精神を安定させる働きのあるGABAについては、玄米の3倍、白米の10倍にも増えるといわれています。


週に何度か発芽玄米のご飯を取り入れるだけで、ストレスを減らして栄養を補う食事にすることができそうです。




③ 白米と同じように炊ける


発芽玄米は水分を多く含み、ふっくらと柔らかくなるため、白米と同じように炊くことができます。


炊飯器の玄米コースを使わなくても、お鍋でも圧力鍋でも、普通の白米の感覚で炊けるのです。




これで一気にハードルが下がります。





初めて発芽玄米を食べる場合は、白米と発芽玄米を2:1の割合で混ぜ、通常より少し水を多めにして炊くと食べやすいようです。





④ 柔らかくなり、食べやすくて美味しい


なにより、発芽玄米は玄米に比べてふっくらとして食べやすく、とても美味しいのです。

柔らかくなるので栄養の吸収もよくなり、甘みも感じやすくなります。



特におすすめの食べ方は、白米と混ぜて、小豆と少量の塩を入れて炊くことです。

お赤飯のように優しく、独特の食感と甘みが、くせになる美味しさです。



それでは、続いて発芽玄米の美味しい食べ方をご紹介します。 





自家製発芽玄米の 小豆ごはんの作り方



材料

発芽玄米  … 1合

白米    … 2合

小豆    … 半カップ

塩     … 小さじ1杯

水     … 4カップ



圧力鍋で炊く場合は、材料を全て鍋に入れ、圧力がかかってから10分弱火で炊き、そのあと圧力が下がるまで放置します。

圧力が下がったら、蓋を開けてしゃもじでまぜてください。


普通のお鍋や炊飯器で炊く場合には、小豆を下茹でしておいたほうがいいでしょう。

その場合は、炊飯の際、水の量を3カップ半にしてください。


小豆の下茹でをしないで炊飯する場合、お鍋で20分炊くと、小豆が固めですが、美味しく食べられるぐらいに炊くことができます。




是非、ご自宅で作った発芽玄米のご飯をお試しください。



 

無バターでも美味しすぎ! 食べ過ぎるけど太らない方法



今日のパンも美味しい~!!

どうしましょう。。。


今回のレシピは、大好きな Sweet Country さんの めちゃうまっ♪食パン です。





バターが入手できていないので、代わりに米油を使いました。

全く問題なし!




朝に焼き上がるよう、昨晩ホームベーカリーに材料をセットして予約オン♪

待ちきれない思いで就寝しました。




そして今朝♪


きれいに焼き上がりました~!






まずは焼き上がって15分ほど落ち着かせたところをカットし、そのままを1枚。

トーストせずに、ちぎりながら食べます♪



ふわっふわに柔らかくて!

優しい卵の風味とほんのりした甘みがもう、たまらん!


ああ…美味しすぎる…




それから、もう1枚、今度は軽くトースト。

焼きたての、焼きたて。。。




表面は香ばしく、中はふわふわ!


なんなん?この美味しさ。。。






2枚も食べてしまうなんて。

糖質の摂り過ぎになるじゃないの…





いやいや。

でも、食べた分、動けばいいだけだから。

美味しいパンを食べたいからということで運動する動機付けになれば、それもそれでいいんじゃないの?




自分の中で、なんとかパンを2枚食べる理由を正当化していきます。


誰に対する言い訳なのか…






そういえば、以前に何かで読んだモデルさんの言葉を思い出しました。



そのモデルさんは、モデルという職業なのに、甘いお菓子もしっかり食べるそう。


その時に罪悪感を持たないことにしているそうです。




もし罪悪感を感じながら、「これを食べたら太るのにな…」とか気にしながら食べると、脳が「これを食べたら太るのだ」と認識してしまい、ほんとに太っていくらしいのです。

だから、食べるときに「太る」というイメージを持たなければいいそう。

「太る」と思うから太るんですって。




『甘いものを食べる→太る』という思い込みを無くすことが大事。

甘いものを食べても太る訳じゃないよ、と脳をだますのです。



思い込みの力ってすごいらしいですからね。


潜在意識に植え付けるってやつでしょうか。



だから、パンを2枚食べるときも、

「美味しくて幸せ!」と、美味しいこと、幸せを感じることにただ意識を集中して食べればいいんじゃないだろうか。


「太る太る」と強迫観念を持っているから、「食べると太る」と自分の潜在意識に擦り込んでしまって太っていくのだろう。





だから、もう恐れない。


「これは食べたら痩せるパンだ!」と、自分に擦り込むのだ!




よし、OK。

断捨離したら 鰻が届いた!





思いがけず届いた鰻♪

肉厚で立派~



早速、ひつまぶし風にいただきました。



鰻はフライパンで、お酒をふって蒸し焼きに。

タレは湯煎で温めて。

しっかり、一番だしをとっただし汁も準備。

山椒、わさび、ネギ、もみ海苔もたっぷり。




美味しい~

スーパーで売ってる鰻と全然違うわ~



分厚くって、香ばしくって、味が濃い!



自粛疲れが溜まってきてた家族全員、元気をもらいました。

美味しいものを食べるのが一番元気出るね!




実は一昨日、家の中の不要品をたっぷりミニバン1台分、捨てに行ってきました。



市のゴミ焼却場への持ち込みは予約制なので、ある程度まとまってから捨てに行きます。

ゴミ焼却場は土日は休みだけど、ゴミ収集車が祝日も関係なく来てくれるのと同じで祝日のゴミ持ち込みはOK。

祝日のほうが混み合っているぐらいです。



断捨離をしたらいい運が流れてくるというけれど、ゴミを捨ててから、なんと、思いがけず次々と美味しいものが届きました。


断捨離の効果がさっそく?

やっぱりいいことが起きるもんだ~

幸運の女神様はきれい好きっていうもんね。



ありがとう~!



美味しいものが届いたのも嬉しいけど、不要品を処分したことでなんだか気持ちもお部屋も明るくなり、それもまた心地よいものです。



この調子でもっと弾みをつけて、家の中のダイエットも進めていかなければ!


残すもの、捨てるものを選ぶ基準は、理想の自分をイメージして、その理想の自分に必要なものかどうかを考えるといいらしいです。


そう考えると、今身の周りにあるものはたいして必要ではないものが多いような気がするなぁ。



こんまりさんみたいに『書類は全捨て』とは絶対にできないけれど、もしそこまで割り切れたなら、もしかしたら今は想像もできないぐらいスッキリして…


泥を落として生まれ変わるような、別の境地にいけちゃうような、未知のステージに上がれるようなところに行けてしまうのだろうか。




その域に達した者にしかわからない感覚…なのかな。


行ってみたいけど…




そこまで思い切るのは、まだまだ時間がかかりそうです。

もう1品!お助けメニュー 3色ナムル





わが家のお助けメニュー、3色ナムル!

今日は冷凍しておいたモヤシと、常備しているニンジン、豆苗で。



あともう1品ほしいとき、しょっちゅう作っています。

息子たちも大好きなので、メインの和洋中を問わず、どんなときも喜ばれます。


作り方も簡単!


わが家ではビタクラフトのステンレスのフライパンに、ニンジン、モヤシ、豆苗の順番に入れ、蓋をして中火にかけます。

野菜を洗って濡れた水分だけで蒸します。



蒸気が出たら火を止めます。

ザルにあけて水気をきり、冷めたら絞ってボウルで味付けします。

鶏ガラスープの素、醤油、ゴマ、ゴマ油で和えたらできあがり。




いつもはゴマを半摺りにしてたっぷり入れるのですが、今日は少ししか無かったので、少なめで。



モヤシも豆苗も安い食材なので、野菜が高騰しているときの副菜にも便利!便利!



安くて栄養があって美味しいなんて、最高じゃないですか?




まさに、わが家のお助けメニューです♪






今日、夕食を終えたときに次男が、

「晩ごはんの時間が一番楽しみやわ~。受験のときと変わってない…」

とつぶやいてました。


そういえば次男が受験生だったころ、文字どおり朝から晩まで勉強して、「食べることしか楽しみが無い…」と暗い顔でよく言ってました。



今、ふつうに大学生活を送れていたなら、新しい環境でワクワクすることとか、楽しいこと、刺激的なこと、いっぱいあっただろうにね。



最近、9月入学がどうのとか、議論がされていますが。


今年大学に入学した子たち、ほんと宙ぶらりんです。



連休明けから本格的にオンライン授業が始まるみたいだけど、9月でいいから、入学式をしてもらえるといいのにな…と、淡く期待。


大学側もオンライン授業の整備とか、突然の大がかりなシステム構築に右往左往されていることと思いますが。


何とぞ、お願いしたいものです。





今まで通りの日常が戻る日はまだまだ先かもしれないけど、子どもたちが明るい未来を信じられるよう、早くこの脅威が収束しますように。。。