2020年04月

男子ニキビに! 保湿パックが効くみたい

花の大学1回生、次男の悩み…


それは、ニキビ。



去年の夏に高校のクラブを引退して以来、顔中に大きなニキビが次々にできて悩まされることに。



クラブ活動で激しい運動をすることがなくなり、大量の汗を流すこともなくなったことで老廃物が溜まっているのと、おそらく猛烈な受験勉強によるストレスも原因だったのではと思われます。




大学受験が終わってストレスから解消されたら!

ニキビもきれいに治るはず!



と信じていたのですが…。




なぜか受験が終わっても、大学生になっても、ニキビが治まる気配はありません。



まぁ、大学生になったとはいっても。

コロナの影響で入学式もオリエンテーションもクラブの新歓も何も無かったわけで…



1日も通学することもなく、家にこもる日々。



ストレス溜まらないわけはないよねぇ。




「俺の1回生を返せ~!」と叫ぶ次男。

どこに向かって叫べばいいのか…




みんな同じ状況だから…

みんなが一斉に自粛したら、もうすぐ収まるから…



と気休めにもならないような言葉をかけるしかありません。




一向に治まる気配のないニキビに、次男が毎日悪戦苦闘していろんなお手入れを試しています。



毎晩のケア

  • クレイで洗顔する
  • ひどい赤ニキビにオロナインを塗って絆創膏を貼る
  • 顔全体に化粧水の保湿パックをする
  • 乳液を塗る
  • 寝る前にハイチオールC+を飲む
  • ぐっすり睡眠



使用中のパックはこちら ↓ 




次はお得な36枚入りを買おうかな ↓







ニキビができるのは脂性肌かと思いきや、次男の考察では自分は乾燥肌なのじゃないかと。


だから保湿すれば肌の状態が良くなるはず、とふんで試した化粧水パック。




なんと、それがズバリ!



翌朝の肌はキメが整い、ギンギンニキビも落ち着いている。


若い肌って、すぐに結果が出るのね…



うらやましい~





ストレスはなかなか減らせないけれど、外的な処置でニキビを制圧できる日は近いのかもしれません。




がんばれ~

スポンサーサイト



【HBで】100%薄力粉のパンを焼いてみた





今回焼いたのは、100%薄力粉だけで焼いたパン!

大好きな Sweet Country さんのレシピです。




普通の一般的な食パンは強力粉が主な材料で、薄力粉は少し入れたり入れなかったりですが、このパンは、薄力粉だけを使って焼いたものです。



軽い口当たりで、いくらでも食べれそう~

IMG_7207_convert_20200429234022.jpg


IMG_7211_convert_20200429234112.jpg


以前は三食すべてご飯派のわが家でしたが、まず最初に長男が、朝食にパンを好むようになり、そのうち家族全員に伝染して今やみんなの朝食がパンになっているという。


パンと半熟ゆで卵、自家製ヨーグルトにバナナとイチゴをトッピングして蜂蜜をかけ、コーヒーか紅茶を淹れる…というのが最近のわが家の定番の朝食スタイルです。




ところで、ゆで卵をきれいにむくコツをご存じでしょうか?


以前、facebookで見つけてから、ずっと採用しているこの方法。

おすすめです。




ゆで卵の殻のむきかた

卵がゆであがったらすぐに冷水で急冷する。


卵と少量の水を蓋付きの容器にいれ(ゆでたお鍋でも)、水平に優しく揺する。
 (揺することで殻を容器の壁にぶつけてヒビだらけにする)
 (ヒビの隙間から水が入り込んでいくイメージ)



流水を当てながら、ヒビの入った殻を薄皮ごとむいていく。





たま~に薄皮がしっかりひっついてるときはむきにくいこともありますが、たいていの場合はこれでつるんときれいにむけます。


お試しくださいね~

大学生の息子と algo 対決


↑わが家のアルゴ 

 
↑新モデルが出てるみたい






外出自粛中の日々。



息子2人は別々の大学に在籍しているのですが、どちらも前期の授業はずっとオンラインの予定です。

そのオンライン授業も、週に1回程度ある、5月から始まる予定、と、大学の対応も授業の進行具合もそれぞれです。

大学側も未曾有の事態にいろいろ試行錯誤しながら、今後の学生の学びについて検討してくださってることと思います。




息子たちの日々の暮らしは、だいたい各々の部屋でパソコンに向かってプログラミングの勉強をしたり、スカイプやZOOMを使って友達とオンラインで集まったり、タイピングソフトでタッチタイプの練習をしたり、エクササイズをしたり、ゲームをしたり、といった感じのようです。


本来なら大学で講義を受けたり、クラブ活動で汗を流したり、アルバイトにいそしんだりと精力的に暮らしていたはずのエネルギーみなぎる若者が、こんなにも長期間にわたり家の中でこもって過ごすことを余儀なくされるという、数ヶ月前までは全く予想もし得なかった現実に直面しています。



今の時代はパソコンやスマホを使っていろんなことができるけれど、たとえそういうことが好きな若者であっても、先が見えないなかで長時間ずっと続けていると…さすがに疲弊してきている様子。

上手な時間の過ごし方を考えるのもひと苦労です。



そこで、たまには電子機器から離れて過ごす時間も大事だな~と考え、子どもたちが小さい頃に家族でよく遊んだ『algo』をしよう!と提案してみました。



最初は全く乗り気じゃなかった息子たち。

ルールも全員すっかり忘れていました。


でも半強制的に召集し、ルールブックを片手にゲームを始めてみることにしました。



やり始めると、意外にもすぐに真剣な顔つきになっていく。

こういうゲームって、男子はやっぱり好きなようです。


他のメンバーの持ち札と自分の持ち札、相手がアタックするときの言葉など、いろんな材料を考慮して数を推理していくゲームなので、論理的思考力、分析力など、いろんな能力を駆使して戦うことになります。

数字の書かれたカードをそれぞれ数枚ずつ持ち、他のメンバーのカードを早く当てたら勝ち、という遊びなので、ルールはいたって簡単!

子どもから大人まで誰でも楽しめます。


しかも最初は甘かった推理も、論理的な思考が深まるにしたがってどんどん数が読めるようになってくるので、やればやるほど楽しくなるという。



アラフィフの私でも今はまだ大学生に勝てたりして気分良く遊べるけど・・・

そのうちすぐに歯が立たなくなるんだろうなぁ・・・




全員が勝ったり負けたり、久しぶりに盛り上がって楽しめたので、

「これから毎晩やるよ~!」と言ったら…



「毎晩はいいわぁ」とあえなく却下されてしまいました。


残念・・・。




でもまた誘うぞ~

【これも薬膳】サーモン丼 納豆でかさまし




外出自粛中の、先日のおうちランチ。

男子大学生も大好きなサーモン丼です。

わさび醤油を添えて。



サーモンが少なめだったので、納豆でかさまししました。

タンパク質も取れるし、おネギ多めのなんとなく3色盛?で満足感もUPするような…。





そして、こういう何気ない普通のメニューでも、実は立派な薬膳である、というお話。



薬膳の考え方は『口に入るものは、全て薬である』というものです。

『食薬同源』といいます。




それぞれの体質やその時の体調に合わせて効能のある食材を選んで食べると、それは薬膳であるといえるのです。




さて、紅鮭には抗酸化力の強いアスタキサンチンという色素やDHA,EPAも豊富に含まれ、アンチエイジングや血栓予防の効果が期待されるそうです。

また、体を温め、貧血予防にもいいらしい。



納豆も体を温め、胃腸をきれいにして美肌にするアンチエイジング効果やアレルギーを抑える効果もあるようです。


ネギも同じく、体を温め、鼻づまりや痰、咳などの風邪症状を鎮める効果が。





美味しくて体にいいなんて、最高ですよね。

コロナに負けないように、栄養をとりながら食事をしっかり楽しんで、元気に過ごしたいものです。

【HBで】簡単!ふわふわ食パン




久しぶりに、朝食用の食パンを焼きました。


昨晩、寝る前に材料を仕込んで朝に焼き上がるように予約しておいたので、今朝は焼きたてのパンの香りが部屋中に広がっていました。


お天気もよく気持ちのいい朝になりました。



わが家のホームベーカリーは年代物で、なんと、National の2006年製です。


今の若い方、ナショナルって、知ってるのかな…?





購入当時は本当によく使っていて、パン、ケーキ、お餅など、何かにつけて楽しんでいました。


特にパンは付属のレシピではなく、お友達に教えてもらったサイトのオリジナルレシピが素晴らしく充実していて機械任せで焼いたとは思えないほど美味しかったので、その中からお気に入りの食パンを頻繁に焼いていました。


そのサイトは Sweet Country さん。





でもその後、子どもたちの受験などで忙しくなり、何年かの間ぱったりと使わなくなった期間がありました。


その間にホームベーカリーもいろんな新製品が発売され、ネットでたくさんのHB用のレシピが豊富に出回るようになりました。


ある日、ふっとあの美味しい食パンが食べたくなり、お気に入りに入れていた Sweet Country さんのリンクをポチッとしてみたら、何度試しても『見当たりません』と出るのです。



あんなに充実してたレシピサイトだったのに、やめちゃったのかなぁ…

ショック…



失意のなかで、他のレシピを検索しました。



そして、cook padで検索した食パンやチーズケーキを色々試してみたのですが、なぜかどれも食パンやケーキの形状にならないぐらい最悪の、大失敗の大失敗・・・。


なんで?

分量も間違えてないし、焼き上げるのは自動だし。


失敗しようがないはずやん!




また失意のなかで、ダメ元で Sweet Countryさん を検索してみると、なんと!


ありました!

出ました!


大好きなレシピが見れる~!!




早速、一番シンプルな『デイリー食パン』を焼きました。




成功~

ちゃんと食パンの形になりました。




カットしてみると…

IMG_7184_convert_20200426105837.jpg


少しトーストして…

IMG_7187_convert_20200426105941.jpg




Sweet Country さんのレシピは、わが家の古い機種にバッチリ対応してくれるレシピなんだろうなぁ。



わが家の機種はすでに販売終了のよう。


なんてったって、National 製 ですからね。



だから、もしかしたら新しい機種用のレシピは合わないのかも…。





でも、Sweet Country さんの、おかげでまだまだパン作りは楽しめそうです。




知り合いでもなんでもないのですが…

感謝しています。

バラの手入れ 基本から学ぶ





わが家の庭には3種類のバラを植えています。

ずいぶん前に植えた赤の大輪と少し小さめのピンクの花の品種はよく覚えてないのですが、一番新しく、3年前に植えた淡いオレンジのバラだけは鉢についていたプレートを残していて、読んでみると『ジュード・ジ・オブスキュア』という名前の四季咲きのイングリッシュローズでした。


「カップ状の大輪を惜しみなくたくさん咲かせる」
「ブッシュ状に成長する」
「非常に強いフルーティな香り」
「シュラブローズとしてもつるバラとしても育てられる」

とのこと。


え?
そうなの?


改めて読んでみて、わが家の苗はあまりに育っていなくてびっくりしました。



たしかに、肥料をあげたのは植え付けのときだけ・・・

地植えだからと水もろくにやらないし・・・

咲き終わっても、花殻も摘まず、剪定もしない・・・

お礼肥とか寒肥とか、全く無し・・・



そりゃ育たないよね~。




赤とピンクの方はたくましく枝を伸ばして、ほったらかしでも次々に花をつけてくれるのですが、植えた場所の差なのか、品種の差なのか・・・。



本来バラは、手をかければかけるほど応えてくれるらしい。

それがバラを育てる楽しみなのだとか。


バラの花が好きだからと植えてみたけど、ただ植えるだけではバラ栽培の妙味を味わうことも楽しさに気付くこともなかったわけで、それ故にまるで野生のように放置して、花が咲く時期以外は存在すら忘れてしまっていた、ということに今さらながら気付く・・・。



せっかくわが家に来てくれたバラたち。

せめてもう少しお世話してきれいな花を咲かせてやりたいものだと改めて反省しました。



そこで、以前に購入したバラ栽培の本を読んで基礎から学ぼう!と一念発起。



今はつぼみがついてきているので、この花の時期が済んだら、まずはお礼肥と剪定をしよう。




どれだけ応えてくれるのか・・・


成長が楽しみです。

【自給自足】大葉を育てる♪



食材の買いだしに行ったついでに買った、大葉の苗。


プランターに植えるか地植えにするか、迷うところ。



以前に地植えしたときは勝手に増えて増えて、花が咲いて実がなって、枯れてからも数年、こぼれ種から芽がでて勝手に育っていました。


元々植えていたところから数メートル離れたところから生えてきたり。


やっぱり生命力が強いなぁ~と感心した覚えがあります。



そんな風に勇ましく地植えで育てるか。

それとも、プランターで可愛く過保護に育てるか。


悩むほどもないことで迷っています。



夏場にばんばん摘んで活用したいときは、摘みやすいところに移動させられるプランターが便利かなぁ。



以前、スナップエンドウやプチトマトを庭で育てたときのこと。

お弁当の彩りでちょっと隙間を埋めれるのが便利だったのですが、日当たりや畑スペースの関係もあり、植えた場所が出入り口から遠くて~

摘みやすいところに植えればよかった・・・と悔やんだことを思い出します。



とりあえずプランターで育ててから、心が決まったら地植えにしてもいいか。



1ポットの小さな苗で、あれこれ考えるのも楽しいものです。

いつか字幕なしで洋画を… DUOで英語学習はじめる


IMG_7144_convert_20200423144546.jpg


この春大学生になった息子が、昨年、受験勉強用に購入したDUO。

結局、他の単語帳を数冊使ったのでDUOは最後まで使わず、まっさらなまま残っています。



受験用の参考書や単語帳は数多く出回り、その中から自分に合ったものを選ぶのは大変なことです。



学校や塾の先生、友達や先輩、ネットなどの情報からDUOも良いと知り、受験勉強の選択肢に上がったので購入しましたが、結局、取捨選択の際に非採用となりました。

受験生あるあるの1つです。



DUOの魅力は重要単語1600語、重要熟語1000語を560英文に凝縮してあり、その560英文を覚えることで単語集と熟語集、各1冊分ずつの知識をマスターできるということらしい。


めっちゃ良さそうやん。



DUOをマスターしたら洋画を字幕なしで理解できるようになるのか・・・

保証はないけれど、たとえ時間はかかっても、少しずつでも聞き取れて理解できる言葉が増えたら・・・洋画の魅力をもっと感じられるだろうなぁ。



若いときに比べて、格段に記憶力の低下を感じるお年頃

英語の勉強にも時間がかかるだろうけど、だからといって諦めてしまっては何もできない。

やりたいことにはどんどんチャレンジするべし!


いつかやりたい、と思ううちにどんどん時間が過ぎてしまうのは、十分経験済み。


思いたったときが、始めどき


目の前に教材はあるのだから、あと必要なのは覚悟と決意だけ!



『自分と未来は変えられる』

大好きな名言です。


自分と未来を変えていくぞ~




 

旬のたけのこで 美味しくデトックスしよう♪ 

『食べ物は全て薬である』


薬食同源という、薬膳の考え方です。

正しい食事をしていると自ずから病気が癒える、というもの。



生きることは食べること。

当然のことですが、自分の体は自分が食べたものでできています。


季節を意識して旬の食べ物を楽しむことは、心も豊かになりそうですね。




さて、春が旬の食べ物には、冬にため込んだ毒素を排出する働きがあるそう。


たけのこも解毒力が強い食材です。

冬に低下した肝機能を高め、血流を促してむくみや便秘の解消、疲労回復、コレステロールの吸収を妨げるなど、いろんな効果があるんですって。

自然て、うまくできてますね。



というわけで、たけのこ、茹でました。

IMG_7069_convert_20200420102619.jpg

先っぽが可愛かったので、とりあえず茹であがりを写真撮影♪



そして、お料理して食卓に♪



たけのこごはん

IMG_7120_convert_20200421161746.jpg




たけのこの土佐煮



鉢植えの木の芽を摘んできました。

いい香り♪


春。
いい季節ですね。

【超簡単】ダルゴナコーヒー♪ ペットボトルふりふりで

IMG_7133_convert_20200421151524.jpg


前から気になってた『ダルゴナコーヒー』を作ってみました。
こんなに簡単に泡立つなんて!


簡単すぎの作り方です ↓


用意するもの
・インスタントコーヒー 大2
・砂糖         大2
・お湯         大2
・牛乳         200 cc ぐらい
・空のペットボトル(500ml)


作り方
①ペットボトルに牛乳以外の材料を入れる
②ふたをして5分ぐらい、しっかり振る
③グラスの3分の2まで牛乳を注ぎ、その上にペットボトルの中の泡だったコーヒーを注ぐ

牛乳は冷たいほうが、きれいな層になるそうです。

泡立ち過ぎると、注ぐのに時間がかかります。

ペットボトルでシェイクするだけで、驚くほど泡立ちました。



IMG_7132_convert_20200421151554.jpg



グラスに注いでもペットボトルに泡が残っていたので、そこにさらに牛乳を足して少し振ると、2杯目はコーヒーシェイクが楽しめました。

子どもさんでも簡単にできそうだけど、子どもはコーヒーは飲まないかな。


簡単で美味しい~

でもちょっと甘い。


もう少し甘さ控えめなら罪悪感なく飲めそうですが。
砂糖を減らすと上手にできないそう。


運動不足の毎日なので、毎日飲むのは控えとこう。。。