本気で断捨離しようと思う

この春、次男の大学受験が終わったので、ほっとして少しずつ家の中の整理を始めています。



一番変わったのは、なんと長男の部屋。



何があったの?というぐらい、長男が断捨離して自分の部屋をスッキリと変えてしまいました。




素晴らしい~

やればできるやん!




きれいになると、なぜか部屋が明るく感じるし、いい気が流れてるように思います。




そんな長男に触発されて、私も本気で家中を断捨離したくなりました。




全捨て、とはなかなか難しいですが、もう少しモノを厳選して減らし、どこに何があるのかを全て把握できている状態にする…というところまでいけたらいいなぁと。


今は、しまい込んで忘れてしまってるモノもいっぱいあるからね。





まずは、不要なモノを捨てなければ。



というわけで、景気づけに、『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本をまた読み返すことにしました。







なんと。改訂版が出てるみたい ↓

新 ガラクタ捨てれば自分が見える

カレン・キングストン/田村 明子 小学館 2013年10月08日
売り上げランキング :
by ヨメレバ





片付けが進まないとき、この本を読んだらメラメラとやる気が出てきます。


そんな気持ちにさせてくれる本です。






最近は新型コロナの自粛疲れもあって何かとストレスが溜まりがちで、色々とやりたいことがいっぱいあるはずなのに、なぜかスムーズに進みません。



まずは断捨離して身の周りの環境をきれいに整えたら、きっと何かが動き出すと思うのです。





ここいらで、本気で断捨離に向き合ってみようと思います。



頑張るぞ~


スポンサーサイト